MUNSON B-5 CHUKKA BOOTS

Nigel Cabourn

  • ¥55,000

残り1点

2012年の Dr. マンソン・ブーツに続く、レッド・ウィングとナイジェル・ケーボンのコラボレーション第二弾は、第一次世界大戦時に英国軍のコンバットブーツとして造られていたB-5 ブーツに着想を得て、それに両ブランドのテイストを加えてチャッカブーツに仕上げた、「マンソンB-5 チャッカ」。

この英国軍のB-5 ブーツを、チャッカブーツに仕上げるに当り、レッド・ウィングとナイジェル・ケーボンは、この英国軍ブーツと同時代にアメリカ軍で使われたミリタリーラストであるマンソン・ラストを用い、B-5 ブーツ同様、先芯を使わない仕様とし、その時代にアメリカのワークブーツの主流であったつま先のスタイル、キャップドトゥを採用しました。マンソン・ラストは本来つま先の高さがあるタイプのラストですが、先芯を使わずに仕上げたことで、そのボリューム感は控えめで、また履きこむと少しずつつま先が低くなってきます。

履き口のコバはB-5 ブーツと同様の切りっぱなしで仕上げ、アウトポケットをレッド・ウィング社が100 年近く使い続けているピューリタン・ミシンを使って三条ステッチで縫いつける仕様としました。

ソールはレザーのベースにグリップと耐久性が良いラバーのタップ(ソール前面のハーフラバー部分)をプリセットしたグロコード・メダリオン・ソールです。元々のグロコード・ソールは1920 ~ 30 年代にレッド・ウィング社が使用していた滑り止め用コード入りのラバー・ソールです。今回使われているレザー・ベースのグロコード・メダリオン・ソールのラバー部分のデザインは、当時のグロコード・ソールをモチーフとしたものです。ウエルトにはスプリットリバース・ウエルトと呼ばれる、いわゆる立ちコバを使い、靴の全周をぐるりとソールに縫い付けるオールアラウンド・グッドイヤー製法とし、コバをステインで染めて仕上げました。アッパーステッチのグリーン系の色に合わせたローデングリーンのレザー・レースと蝋引きのブラウンの丸紐の二種類がついています。


レザーには、かつての英国軍のB-5 ブーツに使われたオイルを含ませたスウェードレザーに似たラフアウトレザーであるホーソーン「ミュールスキナー」とブラウンのクラスト(仕上げ前のベースレザー)にブラックの塗膜を施したブラック「クロンダイク」レザーを使用しました。

生産国:アメリカ
素材:牛革


品切れについて

当店の商品は実店舗でも販売しております。
在庫数の更新は随時行なっておりますが、お買い上げ頂いた商品が品切れになってしまう場合がございます。
ご迷惑をお掛け致しますが、予めご了承下さい。


Recommends