¥15,000以上お買い上げで送料無料

Nigel Cabourn - VERY HEAVY JACKET - C.W.C CAMO

Nigel Cabourn

  • ¥90,000
  • ¥60,000 OFF


ナイジェル・ケーボンのベリーへヴィジャケットです。

ヴィンテージのコールドウェザーパーカをベースにしています。

本製品のファブリックはナイジェル・ケーボンの代表的オリジナルファブリックの一つであるC.W.C(コールドウェザークロス)を使用しています。

ベンタイルと同様に防風、撥水機能を持っています。糸番手とタテ・ヨコ本数を緻密に計算、バランスをとり超高密度に織り上げることで、ベンタイルを格段に上回る引き裂き強度を実現しています。

フード、衿もとのボア部分にはアルパカウールを使用しています。

フードは脱着することが可能。

極地において、金属パーツは瞬時に凍結し、皮膚に触れると凍傷を引き起こすため外気に触れる部分には使われません。そのため、手袋をしたままでも扱いやすいよう、木製パーツが使用されています。

収納力のあるポケット。使うときは立体的に、使わない時はフラットに。小物が脱落しないよう、フラップはボタンとスナップボタンで二重仕様。

素材:(表地)コットン100%、(胴裏)コットン100%、(袖裏)ポリエルテル100%、(ボア部分)ウール80%/アルパカ20%、(中わた)ダウン90%/フェザー10%

生産国:日本

 

コールドウェザーパーカは、イギリス空軍山岳救助隊が着用していました。優秀なパイロットを育成するために時間を要し、簡単に補充ができるわけではありません。第二次世界大戦中のイギリス空軍にとって、パイロットの捜索救助活動は必須でした。
1943年、イギリス空軍の軍医ジョージ・グレイアム空軍大尉によって組織されたものの、山岳救助隊のメンバーはボランティアであるが故に、ユニフォームは公式に支給されませんでした。

しかし、1950年代のイギリス空軍パイロット用ユニフォームの1つとして、山岳救助隊が厳しい環境のもと活動しやすいデザインにつくりあげました。主なディティールは、マップポケット、ペンポケット、木製のトグル、ビーバーフラップ、太いベルトなどです。その後、用済みとなったウェアは処分するという軍の慣例に反し、世界初のエベレスト登頂を成し遂げたエドモンド・ヒラリーなど多くの探検家や登山家に愛用されました。


品切れについて

当店の商品は実店舗でも販売しております。
在庫数の更新は随時行なっておりますが、お買い上げ頂いた商品が品切れになってしまう場合がございます。
ご迷惑をお掛け致しますが、予めご了承下さい。


Recommends