¥15,000以上お買い上げで送料無料

Nigel Cabourn - MOTORCYCLE JACKET - LINEN

1415+2 ONE FOUR ONE SEVEN

  • ¥31,680
  • (税込)
  • ¥21,120 OFF


ナイジェル・ケーボンのリネンモーターサイクルジャケットです。

紺のレーシングジャケット・白シャツ・蝶ネクタイというオーセンティック且つファッショナブルな装いに身を包み華麗なドライビングテクニックで観客を魅了していたマイク・ホーソン。彼が着ていた紺のレーシングジャケットをナイジェル・ケーボンの最高の生地に落とし込んで作り上げられています。

デザインのみならず注目すべきは生地にもあります。使用されているリネンは所謂リネンとは異なります。

麻の繊維を超高密度に打ち込む事は極めて困難ですが、天然繊維の中で最も丈夫なものは、ラミー・リネンです。綿糸は引っ張れば伸び、離せば伸びは元に戻ります。つまり伸度が高く、復元性も高いという事になります。

一方で麻は、伸度・復元性も低い性質があります。つまり、素材自体は極めて頑丈ですが、引っ張ると切れてしまうということになります。繊維を超高密に織ると言うこと繊維を引っ張り続けているのと同じ事です。超高密度リネン生地が希少な理由がこれです。

製織には極めて高い技術が必要になり、湿度の影響を受けやすいので徹底した環境管理も必要になってきます。天然素材である麻糸には繊維同士のからまった細かな節があります。微細な織りの狂いで、この節から糸切れを起こします。

このように『超高密度』と『リネン』という存在はお互いに相反するものです。 相反する物を掛け合わせて生産する所は普通ではなく、生産性のないものをあえて作りこむことはしません。これらの事から世の中に流通するリネン素材は、ほとんどが織りがあまく、緩い編地になっています。しかしこのファブリックは、春夏にふさわしい薄い生地且つ、超高密度に打ち込まれているため、しっかりとした重量感があります。

もちろん秋冬物のような、肩がこってしまう様な重さではありません。薄いけど重たいという相反する物を掛け合わせたからできる不思議な感覚です。薄い生地ながらも強さとしなやかさを兼ね備えた特別な生地になっています。縫製技術が高い日本でもこの繊細な工程を行える工場は1~2件だといわれています。

素材:(本体)リネン100%、(別布/リブ)コットン100%

生産国:日本


品切れについて

当店の商品は実店舗でも販売しております。
在庫数の更新は随時行なっておりますが、お買い上げ頂いた商品が品切れになってしまう場合がございます。
ご迷惑をお掛け致しますが、予めご了承下さい。


Recommends